スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア預金

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
オフショア投資情報が満載!(にほんブログ村に参加中です。)

アメリカの好景気が続いていますね~ しかし、6月には長期金利が上がるでしょうから、ダウ平均も下がると思います。連動されるごとく、日本の株価もダウン、今後は出遅れのEUや後進国が注目されるでしょう。

ところで、海外移住を考えるならば、貯金金利も気になります。先ずは、ドル建てていい銀行をご紹介します。

カンボジアのアクレダ銀行です。
この銀行は、カンボジア最大手の民間銀行であり、筆頭株主が三井住友銀行です。また、オリックスも第2位の株主です。

定期貯金 ドル建て 1年 5%
     ドル建て 5年 7.75%

しっかりとした銀行ですから、カンボジアの中では安心な銀行です。
ネットバンキングができ、また、クレジツトカードの発行をしてくれるので、どの国からでも現金引き出し可能です。

ただし、カンボジアは軍事政権。いつどのような状況で政権が変わるか分かりません。とりあえず1年定期を繰り返したが無難です(途中解約は可能で、その際は金利が0になりますが、元金は全額返ってきます)。

なので、投資対象としてカンボジアを使うのではなく、5%のドル預金として、使えばメリットあります。また、日本にいながら、口座開設できます(多少の手数料が発生するそうです。)。

ご興味ある方は、お知らせください。
近く、香港口座開設ツアー(HSBCか同等の銀行で、クレジット機能が付いてるカードが発見できる銀行)もしたいと考えてますので、無料セミナーを開催し、まじめに、安全投資と移住に関する質問を受けたいと思います。

講師は、アジア圏に住む駐在員や現地銀行員を考えています。


為になったらポチッと応援宜しくお願いします★


10603762_425748210925951_8955788231462734735_n.jpg
スポンサーサイト

サイパン事情!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
オフショア投資情報が満載!(にほんブログ村に参加中です。)


中国では、2/19より春節に入りました。私が駐在員時代は、この時期、出身地へ規制する中国人の方々で交通機関は麻痺してました。

最近では、田舎にかえらず、バカンスを海外で過ごす方が増えてます。


中国人の人気のバカンス地は、サイパンです。

80年代にJALがサイパン直行便を飛ばし、サイパン内にJALホテル及びショッピングモールを作りました。
しかし、JALがサイパン便の撤退を決めたとたん、日本人旅行者が激減、JALホテルやモールも売却し、いまでは、中華系ファンドが運営しています。

サイパン経済の立て直しのため、先端分野の研究を北マリアナ大学が始めており、入学者も増え(中国人が多いらしいです。)てます。留学生の増加を考えると、安い物件を購入し、数年後には高値になる可能性があります(400万円だせば、ゴロゴロあります。)。

これから先、サイパンがハワイ化することはないと思いますが、中国人向けの飲食店やお土産店及び大学の求人も増えてるので、緩やかな景気回復が考えられ、一定の貯金があるかたは、運用しながら、ノンビリくらせます。

中国人に抵抗ない方には、おすすめですね!


為になったらポチッと応援宜しくお願いします★





久しぶりの投資情報

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
オフショア投資情報が満載!(にほんブログ村に参加中です。)




忙しく、更新がままならない状態でしたm(__)m
今月より、張り切って情報を提供していきたいと思います。


現在の金融市場は、金あまりの状態が続いています。国内の地銀ですら、海外に出向き投資情報を探しています。

いまのような世界情勢では、好景気なアメリカに投資することが、無難でしょうね。それも、REITがいいと思います。

とうぶん、アメリカの景気は続きそうです(油断禁物ですが。)。なかでもREITは株式を買うよりお得ですよ。
世界のファンドは、REITに資金が向かっています。

私は、12月に買ったREITが今日現在2.5倍になりました。
3倍になったら、売ろうと思います。

投資は、景気のいい国をターゲットにすることが重要ですね!


10463937_416260771874695_3316196917941709282_n.jpg



為になったらポチッと応援宜しくお願いします★


海外生活での教育

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
オフショア投資情報が満載!(にほんブログ村に参加中です。)



海外移住される際に悩む点は、お子様の教育費です。

どこの国に移住するかにより教育費は変わりますが、新興国に限定すれば、ローカルスクールはほとんど学費がかかりません(日本でいう義務教育期間)。ただし、日本の卒業証書を手にするためには、インターナショナルスクールに入らないといけません。しかし、義務教育期間は日本国に支払い責任があるため、全額自己負担はありません。
これを知らない方が多いです。


必ず、調べてください。

また、オーストラリアのように早期リタイアビザを手に入れたい場合(オーストラリアは、語学試験があります。)先にオーストラリアへ語学留学をし、ビザ取得後に一部返金の請求もできますよ。

教育に関しては、大分、敷居が低くなりましたね。



為になったらポチッと応援宜しくお願いします★





移住先での仕事


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
オフショア投資情報が満載!(にほんブログ村に参加中です。)


最近、移住先での仕事について質問メッセージがよくあります。

一番は、自分のいままでのキャリアを発揮できる職場に就職すること。二番は、自己資金で現在稼動している会社を買うこと、3番はトレーダーになることです。

トレーダーになるといっても、大半は、配当を確実にもらえる株式に回し、一部の資金をトレードにあてるということです。

最近若い方は、FX取引を簡単にはじめますが、セミプロからプロレベルの方は、本当によく勉強しています。また、独自の投資理論をもち、損切りは最小限、利益は腹八分目をとってます。

私はトレーダーは、一企業を経営することと同じと考えています。
突然、会社を始めたらうまくいかないのと同じで、トレードもしっかり勉強してからでないと、ビジネスと考えてはなりません。

近年、マレーシアではトレーダーズバレー構想があがってます。
世界中の個人トレーダーに格安で部屋を貸し、投資環境を提供します。
周りがトレーダーだらけですから、そこらへんのファンドより、情報が早いです。

もし、仕事に迷われたら、先ずは日本でトレーダー能力を高め、それを職業にすることもありと考えました。

もちろん、ある程度資金ができたら、配当で暮らせるよう、トレード比率を減らすことが重要です。


為になったらポチッと応援宜しくお願いします★



《自己紹介》

Terunet

Author:Terunet
大学卒業後、国内大手金融取引会社へ就職。
28歳、国内中堅証券会社の専務取締役兼為替部長に就任。
後、日本初のFX事業部を立ち上げ(SAXO銀行、ドイツ銀行、大學教授と共同です。)、当時の国内証券会社FX売買高ランキング一位になる。
31歳、FX専門会社を設立、代表取締役就任。東京、名古屋、大阪で事業展開し、年商は20億を達成する。
35歳、ネット証券会社、投資顧問会社、貸金業、IPO専門会社、Web制作会社、中古車販売、セキュリティー会社、飲食店、リース会社の経営参画をし、グループ総年商は80~100億円強をほこる。
37歳、金銭的自由を手にした私は、自分探しへ世界一周の旅に出る。
帰国後、子会社すべてを後任に譲る若しくは売却(今は、株式持ち分に対する配当暮らしです。)。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
ランキングに登録中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。